「机上の空論」の回避

既に述べた通り企業が顧問弁護士を依頼する事でより速やかに、そして気軽に法律問題の相談が可能になります。この事実が何を意味するか端的に言ってしまえば「問題発生の予防が出来る」という事です。

契約書や重要文書の形式や内容の不備、文言の用法などを確認したところ「何かトラブルに繋がりそうな気はするものの具体的にどこから“煙”が出ているかは解らない」といった場合に顧問弁護士と契約していれば“煙”から火が出てトラブルに繋がる前に、相談し助言を求める事も出来ます。もちろん言うまでも無く外部の弁護士に依頼してもその事自体は可能かも知れませんが、今にもトラブルが生じようかというシチュエーションにあって一から条件に見合う弁護士を探す事に始まり人選、弁護士との折り合い面の調整、状況説明、調査と進めていくのは難しいです。既に契約している顧問弁護士であればメールや電話ですぐに詳細を相談する事が可能です。

さらに顧問弁護士であれば定期的に定期的に企業とコンタクトを取っている為に会社内部の対立や対外的なトラブルが生じた際に理想論のみの「机上の空論」では無く会社の実情に即した対応も実現出来ます。このように顧問弁護士と契約する事により「机上の空論」の回避が出来るのは大きなメリットと言えます。